土地家屋調査士など専門職を目指す人は必見│試験合格への道しるべ

勉強

清潔な環境を維持する仕事

不動産

衛生管理者は職場の労働環境や衛生環境を整える仕事であり、この資格は国家資格です。試験を受けるには、労働衛生に関する業務を行った経験があることが必須であり、そのようなこともあり、他の国家資格と比べて合格率がとても高い資格です。

Read More

建物や土地の専門家

人気の心理カウンセラーになるにはどのスクールに通えば良いのでしょうか。こちらではしっかり学べるスクールが紹介されていますよ。

どんなお仕事か

不動産

土地家屋調査士は家などと言った建物を建てる際の土地の速聴を行ったり、不動産登記を行ったりする家や土地の専門家です。この資格は国家資格であり、試験に合格しなければ土地家屋調査士として働くことはできません。この資格を取得する人に関しては、不動産会社に勤めている人や、弁護士や司法書士などといった土地のトラブルに関わるお仕事をしている人が多いです。また、土地家屋調査士の試験では、登記法や民法などといった法律に関する問題も多数出題されるので、法律に関する知識があると試験を受験する際に有利ということもあり、法律に関わるお仕事に従事している人が受験者に多い傾向があります。ですが、法律に関する勉強だけでなく、測量に関する問題も出題されるので注意が必要です。

勉強法は

土地家屋調査士の試験勉強はどのように行えば良いのでしょうか。まずは、法律や測量に関する知識をしっかり身につけることが大切です。通信講座などもあるので、そちらを利用したり、独学で勉強する場合は基礎となるテキスト一冊を用意し、そちらを極めるつもりで読み込み、知識を身につけましょう。そして、ある程度知識が身につき始めたら、過去問や予想問題集を入手しましょう。そして、わからない問題があってもとりあえず解いてみましょう。そして、間違えた点や知らなかった点を把握し、弱点を把握し、弱点となるジャンルを中心に試験前までに仕上げましょう。測量に関しては特に実践が必要であり、計算や作図の練習もしっかり行うようにしましょう。

土地に関しての士業

女性

土地家屋調査士は数ある国家資格の中でも難易度が高いです。他の士業に隠れていて、あまり表立たないのですが、法律関連が深く関わっている点や、2次試験がある点など、さまざまな対策が必要になる試験です。ですが合格をすることで希少な存在になれるので、取得の価値は高いと言えるでしょう。

Read More

法律系はイメージが悪いか

女性

司法書士試験は数ある国家試験の中でも超難関の部類に入ります。また景気回復や司法試験制度の改革によるイメージ悪化からか、司法書士をはじめ法律系の道へ進む人が全体的に減少しています。相続案件の増加から需要は増えると思われるので、司法書士不足になる可能性もあるかもしれません。

Read More