土地家屋調査士など専門職を目指す人は必見│試験合格への道しるべ

勉強

清潔な環境を維持する仕事

どんな資格か

不動産

衛生管理者とは労働環境を良くするために安全な労働環境を維持する活動や、労働者が職場で健康に働けるような環境づくりを行うことを主な業務とした資格であり、この資格は国家資格となっています。この衛生管理者の資格には、衛生工学、第一種、第二種の三種類があり、どの資格もただ高校を卒業しているだけでなく、労働衛生に関する業務を行った経験が無いと試験を受ける資格を得ることが出来なく、しっかり衛生管理者になるという目標を持っていないとなることのできない資格であると言えます。この衛生管理者は企業の社員の数などといった規模によって配置する人数が決められており、その基準に関しては1人から6人以上というように法律で定められています。

取得するには

衛生管理者試験を受けるためには先述の労働衛生に関する業務を行ったことがあるという経験が必要であり、国家資格ということもあり、試験の内容は勉強が必要であり、その合格率はどちらも50%を越えていますが、一発で合格した人はとても少ない資格です。ですが、労働衛生に関する知識が元々ある人が受験する試験であるので、難易度は高いものの、他の国家資格と比べて合格率が高いと言えます。試験に関しては、有害物質を取り扱う知識を含む労働衛生に関する知識や労働衛生に関する法令に関する知識が問われます。そのため、物質の取り扱い方に関しては、業務を行っていくうえで身につけることができるので、特に法令に関する勉強を行うことが重要であると言えます。