土地家屋調査士など専門職を目指す人は必見│試験合格への道しるべ

勉強

土地に関しての士業

土地のスペシャリストへ

女性

土地家屋調査士の資格は測量士関連資格の目指すところです。基本的に測量関係や建築関係のお仕事に勤務されている方が必要に応じて取得するか、キャリアアップを目指して取得するという目的が一般的です。他にも地図製作をされる方なども土地家屋調査士の資格は必要不可欠になるのですが、個人的に必要に応じて取得することも多い資格です。この土地家屋調査士の資格のメリットは土地の境界をはっきりとさせることができる唯一の専門資格であり、土地に関する法的な裁判や不動産投資をされる方にとって不動産業者に土地の境界を確認する場合など、試験で培った知識があるので、ご自身に主導権をもった展開で話や商談を進めることっができるのです。

隠れた士業の難易度

この土地家屋調査士の試験は士業資格ということもあり、かなりの難易度です。基本的に測量士や建築士といった資格を取得しておいた方が一部試験を免除できるというメリットがあるので有利です。さらには筆記試験と口述試験に分かれていて、両方の試験をパスしないと合格にならないという難しさもあるのです。筆記で知識はあるのだけど実務ではどうかを試すために行われているのだろうが、詰め込みだけでは通用しないのが試験です。そして士業の試験はほとんどが共通しているのですが、この試験も年に1回しか受験ができないのです。さらにもし1年での合格を目指すのであれば筆記試験を合格したあとで、1か月くらいの勉強期間を経て口述試験を受ける必要があるのです。